ありがちな勘違いを直してキッチリ儲けましょう

政府の政策に注目

FXをするのであれば政府の政策に注目することが重要となります。
このことは最近の為替市場をみていてもよくわかります。
つい最近民主党政権が自民党政権にかわりましたが、この新しい政権は金融政策を重視することを公言していて、今までよりもより強力な金融緩和を日本銀行に要求していくことなどを実行するとしていました。
このため新しい政権が誕生すると、どんどんと円安が進行していきました。
なんと2ヶ月ぐらいで10円以上も対ドルに対して円安が進行するというようなことになりました。
このことを見ても為替市場と政策とは密接なかかわりがあることがわかります。
そして、FXで重要なのは世界の各国の政策にも注目していおくことが重要となります。
これまでの歴史的な円高局面では、日本以外の世界の国々が強力に金融緩和をするなかで、日本だけがそれほど強力に金融緩和をしてこなかったためにおこったともいえそうなのです。
ECBやFRBといったところが無制限での金融緩和を宣言しているところで日銀だけが金額を限定して消極的な金融緩和を行うような状況では円高になるのはあたりまえというような感じすらするものでした。
今はその歴史的な円高が新しい政権の誕生によって是正されてはいるのですが、今後の政策次第でまたどうなるのかはわかりません。
今後もFXをするときにはどのような政策がおこなわれるのかということを注目しながら取引をすることが重要となっていくのでしょう。