ありがちな勘違いを直してキッチリ儲けましょう

FXのイイトコロ

外国為替証拠金取引、略して外為やFXと呼ばれている金融商品取引があります。
外国のお金とのレート変動を利用してお金を儲けたり、為替リスクをヘッジするために利用されたりします。
FXのいいところは、大きく分けて3つあります。
まずひとつは、レバレッジが大きくとれること。
FXのような取引では証拠金を預け、それを担保として何倍もの金額を取引できるようになっています。
その倍率のことをレバレッジといい、FXでは預けているお金の10倍以上の取引ができるようになっています。
株の信用取引では3倍程度が限界であるため、資金力に乏しいマーケット参加者に人気となっています。
ふたつめは、下降局面でも利益が出せること。
安く買って高く売るのが商売の基本ですが、普通は買わないとモノがないので売れないわけです。
しかしこういった金融商品は、売りから入ることができます。
不思議な感じですが、そうやって値が下がりそうな通貨でも利益を出すことができ、取引の幅が広がります。
みっつめは、圧倒的なマーケット参加者の数です。
株式ではよさそうな株を発見して買っても、誰の注目も集まっていない場合は売るに売れないという状態になることもあります。
FXは世界中の金融機関や個人がしのぎを削っており、手放したくても手放せないなんてことはありません。
だから安心して取引ができます。
そのほか、多彩な注文方法や、自動売買ツールの普及ぶりなど、株とは一味ちがう世界が広がっています。
株に慣れてる人も、FXに手を出してみてはどうでしょうか。